人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ラスト・レクイエムの裏話を2

前回の記事で書き忘れてしまったのですが、

過去作品「White Xmas」で、後日談ドラマ公開しました!
2014年のM3で頒布した、ウェブドラマ作品の小話集「Thread of Elysion」で制作した話を公開しました。
サンタクロースたちがプレゼントを配り終わった後の話です。
短い時間で聞けるので、本編と合わせて聞いて頂けますと幸いです。

さて、Moreから、ラスト・レクイエムの裏話の続きです。






【シェオルについて】
頂いた感想の中で、「シェオル怖いです」という声がめっちゃ多かったです。
大丈夫です、私も「コイツ一体何考えているんだ」と台本を書いてて何度思った事か(笑)

「シェオル」という言葉ですが、聖書での「黄泉」という意味です。
(細かく言うと、少し異なるところもありますが……)
最初、アギトへの自己紹介で「冥界の王様、みたいなものかな。」と言っていますが、正確にはシェオル自体が冥界そのものです。
つまり、シェオルが居なくなれば、冥界そのものが無くなります。
そのため、キャラ紹介も性別・年齢不詳の設定にしていたのです。

キャストさんの選考時も実はそこを重視していまして。
このキャラクターのみ男女ともに結構な数のご応募頂いていたのですが、男性の方は明らかに「男の人の声!」とするものは外し、
女性の方は何故か少年声で演じていた方が結構多かったのですが、それも申し訳ないのですが、外していきました。
(あと、少年声ですと、例えばアギトとか強面の人と対した時に舐められるので、それもあって外していきました)

猪芝さんに決定した理由としては、CDを聞いてもお分かりの通り、中性的なお声と、「底が見えない不気味さ」をご応募頂いた方達の中で一番感じて、「わあああああシェオルがいるー!」と凄くビックリしました……。

アギトにパワハラする割には、ティナに優しくしたりと結局この子の真意は分からない所も多いですが、
気まぐれなのか、計算なのか、そこは皆さんの考えに託そうと思います(逃げた。

【ゴードンについて】
アギトと対の人間という事なので、実は当初、女性キャラでの予定でした。
ただ、軍で女性だと男尊女卑が強い世界だしちょっとなぁ……と思い、男性キャラに切り替えました。

生前のアギトを殺しましたが、その後、自分が当時属していた裏社会の権力争いに敗れて死んでしまいます。
死んでしまいましたが、地獄から生き返った事をきっかけに、今後は軍の中でトップになろうとして、ティナの力を使おうとしました。
なお、アギトや冥界からシェオルの部下が魂を狩ろうとしている事は既に知っていました。
……というより、アギトがゴードンの所にやってくる以前にも何度かシェオルの部下がやってきて、魂を狩ろうとしましたが、全てフルボッコにして排除しました。怖。

ここまで自分の目的のために容赦ない冷酷なキャラは初めてだったかなと思います……。
ちなみに、高笑いしているシーンがあるのですが、そこは成海さんのアドリブです。それがゴードンの悪役っぷりに更に拍車をかけました(笑)

【メイについて】
アギトにとっては一番キーとなるキャラクター。本が好きな所はティナと同じですが、性格は真逆になるようにしました。
彼女がいたから、アギトも人間として過ごせたのだと思います。
(その辺りの話はAnother Story.01で)
ちなみに名前は日本人、外国人どちらでも聞こえるのが良いと思い、名付けました。

今回、動かし辛いキャラが多かった中で唯一動かしやすかったです。動かしやすい所からも個人的に好きなキャラでした(笑)
ドラマの方では書けなかったのですが、実はアギトとメイは、幼い頃からスラム街で肩身を寄せ合って生きてきた仲です。
大きくなって、次第にお互いに好意を持ち始め、自然な流れで恋仲になりました。
幼い頃から、本(というより文字)を読むのが好きで、捨てられた新聞や本を見て、文字を覚え、その努力の結果、小さなホワイト会社の事務員として働いていました。

「Another Story」でアギトとメイの過去話をやりたかったんですが、諸々の事情で断念したので、何かしらの形でお披露目出来れば。
ネタは一応あるのですけどね……。

***

と、つらつらと書きました。
今年残り僅かになりましたので、良いお年を。
今年も有難う御座いました!&来年もよろしくお願いします。

by elysion_yuuri | 2020-12-30 20:43 | その他
<< 2021年になりました。 ラスト・レクイエムの裏話を1 >>